融資そもそも消費者金融というのは個人に対する融資をメインに行っている金融機関となっています。
いわゆるノンバンクと呼ばれる表現をすることが多いですが、この消費者金融では預金に関する業務などを一切行っていない金融機関であり、消費者金融というのもこのノンバンクの類に分類されています。

では消費者金融と銀行というのはどのような点が違ってくるのでしょうか。
預金や為替業務だけでなく、適応されている法律が全く違うという点です。消費者金融のホームページなどをチェックしていくと分かってきますが、ローンなどを取り扱っている銀行では銀行法と呼ばれる法律によって管理されているのに対し、消費者金融では融資がメインとなっていますので、貸金業法と呼ばれる法律が適用されています。一見同じような金融機関となっていますが、法律の違いは非常に大きいといえるでしょう。

そんな中でカードローンを利用していこうという時、銀行系のカードローンでは時に保証人が必要になるものがあります。保証人を立てることによって、貸し倒れが起きないように配慮するため設定をしています。
その一方で消費者金融というのは保証人が一切必要ありません。個人に無担保で貸すため借りやすくしています。そして融資を決定するまでのスピードが銀行以上に速くなっていますので、すぐにお金を借りたい人にとってもお勧めとなっています。
消費者金融を利用する時に保証人を探す労力を必要としないため、スピーディーに借りることができるでしょう。