消費者金融というのはキャッシングを利用しやすい一方で、リスクとして金利が高く設定されてしまうことがあります。
銀行以上に設定されてしまうことがありますが、貸金業法が改正されてから利息制限法によって上限となる金利が15パーセントから20パーセントになっています。大半の消費者金融では最大でも18パーセントとなっていますので、それ以上の消費者金融は危険と感じていていいでしょう。
グレーゾーン金利といわれる利息制限法の上限となる金利以上となり、出資法で設定されている限界の金利まで引き上がることもありません。

そんな消費者金融へ申し込んでいく時に、説明書や契約書を見ていくと保証人という言葉を見かけることになります。
しかし保証人というのは連帯保証人と同じではと考えてしまう方もいます。しかし全く意味合いが違いますので、これから色々と申し込んでいく時に注意しなければなりません。

まず住宅ローンや自動車ローンなどの大口となるローンについて組んでいこうとする際には、保証人という表現となっていきます。借りている本人へ返済するように主張するのが保証人であり、連帯保証人は借りている人と同じ責任を請け負うことになります。
それぞれの意味合いを把握しながら、消費者金融だけでなく銀行でも借りて行くようにしましょう。