消費者金融の利用に保証人は必要?

消費者金融の利用に関する情報をご紹介しています

時には必要となる

とにかくお金を借りる時には消費者金融のメリットやデメリットをしっかりと理解をしていきながら利用をしていきましょう。
個人の信用をベースとしていきながら消費者金融はお金を貸していますので、収入などが変化してしまうと借りられなくなってしまうことがあります。

そんな中でカードローンなどを提供している消費者金融で保証人を求められてしまうケースもあります。それは審査結果において保証人をつけてでも審査を可決させたいためなのです。
したがって保証人を求めてくる時には、消費者金融では前向きに検討していき、手続きを進めていきたいと考えているのです。しかし保証人を付けていく理由について、そして必要かどうかを担当者も一切詳しく説明することはありません。
しかし保証人を求めてくるようであれば、申込者である本人の信用について審査をして結果として、判断する上で微妙な状態となっているのです。

保証人をつける時には親や奥様といった親族で問題ありませんが、カードローンなどを利用する際に立てる保証人になってほしいとを聞いた時には嫌な顔をされることでしょう。
支払う義務についても背負うことになりますので、気をつけて交渉を進めていきましょう。人間関係などにも亀裂を生じてしまうこともあります。

保証人と連帯保証人

消費者金融というのはキャッシングを利用しやすい一方で、リスクとして金利が高く設定されてしまうことがあります。
銀行以上に設定されてしまうことがありますが、貸金業法が改正されてから利息制限法によって上限となる金利が15パーセントから20パーセントになっています。大半の消費者金融では最大でも18パーセントとなっていますので、それ以上の消費者金融は危険と感じていていいでしょう。
グレーゾーン金利といわれる利息制限法の上限となる金利以上となり、出資法で設定されている限界の金利まで引き上がることもありません。

そんな消費者金融へ申し込んでいく時に、説明書や契約書を見ていくと保証人という言葉を見かけることになります。
しかし保証人というのは連帯保証人と同じではと考えてしまう方もいます。しかし全く意味合いが違いますので、これから色々と申し込んでいく時に注意しなければなりません。

まず住宅ローンや自動車ローンなどの大口となるローンについて組んでいこうとする際には、保証人という表現となっていきます。借りている本人へ返済するように主張するのが保証人であり、連帯保証人は借りている人と同じ責任を請け負うことになります。
それぞれの意味合いを把握しながら、消費者金融だけでなく銀行でも借りて行くようにしましょう。

消費者金融の特徴

お金をその日に必要としている状況で、消費者金融は頼りになります。
即日でも融資を受けることができる消費者金融でキャッシングに申し込んでお金を借りていこうという時に、契約をするために保証人を立てなければならないのか心配してしまう人多いことでしょう。ただ消費者金融というのは融資の申込みを行っていく時には、保証人が一切必要ありません。
これからキャッシングを利用したい時には金利などもしっかりと確認をしておきましょう。

この保証人であったり担保を一切必要としていないのが消費者金融の特徴ともいえるでしょう。
消費者金融は個人を対象にしている融資を提供していますが、それらが無担保によって貸し付けを行っている業態となっています。そのため消費者金融でお金を借りようと思うと比較的借りることができ、審査もスムーズに進んでいくことになります。
お金を必要とする時には頼りになる存在ともいえるでしょう。

参照ページ《http://noloan.com/》

融資額というのも、しっかりと収入を得ている人はある程度優遇してくれます。
最大で時には500万円以上借りることが出来るだけでなく、50万円以下の借り入れを申し込んでいく時には収入に関する証明書が不要になっているということもあります。計画的にカードローンを利用していきましょう。

消費者金融の保証人

そもそも消費者金融というのは個人に対する融資をメインに行っている金融機関となっています。
いわゆるノンバンクと呼ばれる表現をすることが多いですが、この消費者金融では預金に関する業務などを一切行っていない金融機関であり、消費者金融というのもこのノンバンクの類に分類されています。

では消費者金融と銀行というのはどのような点が違ってくるのでしょうか。
預金や為替業務だけでなく、適応されている法律が全く違うという点です。消費者金融のホームページなどをチェックしていくと分かってきますが、ローンなどを取り扱っている銀行では銀行法と呼ばれる法律によって管理されているのに対し、消費者金融では融資がメインとなっていますので、貸金業法と呼ばれる法律が適用されています。一見同じような金融機関となっていますが、法律の違いは非常に大きいといえるでしょう。

そんな中でカードローンを利用していこうという時、銀行系のカードローンでは時に保証人が必要になるものがあります。保証人を立てることによって、貸し倒れが起きないように配慮するため設定をしています。
その一方で消費者金融というのは保証人が一切必要ありません。個人に無担保で貸すため借りやすくしています。そして融資を決定するまでのスピードが銀行以上に速くなっていますので、すぐにお金を借りたい人にとってもお勧めとなっています。
消費者金融を利用する時に保証人を探す労力を必要としないため、スピーディーに借りることができるでしょう。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén